芭蕉db
   霜

霜を着て風を敷き寝の捨子哉

(六百番俳諧発句合)

(しもをきて かぜをしきねの すてごかな)

霜を着て衣片敷く捨子哉

(俳諧坂東太郎)

句集へ 年表へ Who'sWhoへ


 延宝5年、芭蕉34歳の時の作。芭蕉は、この年に俳諧宗匠として立机(プロの俳諧師になること)したらしい。この年22句が現存する。

霜を着て風を敷き寝の捨子哉

 「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかもねむ」(『古今集』良経)のパロディー。実際に捨て子を見たか否かは怪しい。良経の歌が、裏に通夜っぽい恋の情感を匂わせているのに対し、一句は捨て子という深刻な素材を対象としている。その対比の滑稽さが談林俳諧である。パロディーだから非難されないが、「富士川の捨て子」では、ここでの捨て子が実在のものと仮定されるから非難されたのである。