H24活動事例 of 山梨県立大学サービスラーニング

文部科学省「大学教育・学生支援推進事業 大学教育推進プログラム」
サービスラーニング活動Website

HOME > H24活動事例 > H24活動事例

H24年度サービスラーニング活動事例(全9プロジェクト)

※タイトルをクリックすると、各活動の概要がご覧いただけます。

1.日本語を母語としない児童生徒のための学習支援教室運営【担当教員:安藤 淑子】

 地域の外国人住民を対象とした日本語教室及び外国から来た児童生徒のための学習支援教室に参加し活動を支援する。

2.国際理解活動を通じた地域密着型途上国支援【担当教員:二宮 浩輔】

 山梨県をフィールドにし、地域社会と連携した国際理解、国際交流活動の試み、及び活動を通じた学生の国際理解の促進を図る。

3.放送文化論実践【担当教員:前澤 哲爾】

 地域映像、大学プロモーション映像の制作

4.キャンパスキャラクタープロジェクト【担当教員:前澤 哲爾】

 地域活動への大学キャラクターの参加及び大学間の組織の立ち上げ

5.観光による地域振興支援プロジェクト【担当教員:吉田 均】

 観光による地域振興の方法を学生に実体験させる。

6.外国人児童生徒のための進路進学ガイドブック作成プロジェクト【担当教員:安藤 淑子】

 山梨県内に在住する外国人児童生徒、及びその保護者のための進路進学のためのガイドブックを多言語で作成し、閲覧のためのHPを開設する。

7.地域金融犯罪予防活動(プロジェクトG)【担当教員:澁谷 彰久】

 県立大生が山梨県警と地域金融機関と連携して、地域のお年寄りへの防犯啓蒙活動に取り組むことにより、被害者減少を目指すプロジェクト「Guardian」として活動するものである。

8.地域振興機関紙「VISION」制作プロジェクトⅡ【担当教員:安達 義通】

 今年度は、コミュニティビジネスをテーマとし、国内、及び海外(英国)での取材を行う。得られた情報はパンフレット化し、地域社会に情報として還元する。

9.やまなしエコジャーナルプロジェクト【担当教員:箕浦 一哉】

 インターネット新聞「やまなしエコジャーナル」を発刊し,山梨における環境やまちづくりに関して取材・記事執筆・情報発信の活動をおこなう。