H23活動事例 of 山梨県立大学サービスラーニング

文部科学省「大学教育・学生支援推進事業 大学教育推進プログラム」
サービスラーニング活動Website

HOME > H23活動事例 > H23活動事例

H23年度サービスラーニング活動事例(全14プロジェクト)

3.jpg
外国人学校に在籍する子どもたちは、日本社会との接触が少なく、日本語学習の機会も限られている。一方、多くは滞在が長期化し、今後も長期に渡って日本で生活する可能性がある。こうした外国人学校の子どもたちのために、低コストで実施できるICTを活用した遠隔日本語教育を行う。

担当教員

安藤淑子(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

3名

活動期間

2011年4 月~ 7 月

2.jpg
山梨県内の、日本語を母語としない児童生徒に対する日本語及び教科学習支援を実施する。

担当教員

安藤淑子(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

5名

活動期間

2011年4 月~ 7 月

34.jpg
地域在住外国人を対象とした日本語・日本文化講座に参加する。

担当教員

安藤淑子(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

3名

活動期間

2011年4 月~ 7 月


img02334-1.jpg
甲府中心市街地で「やまなし映画祭」を開催し、映画文化の振興を図ることにより、地域活性化を図る。

担当教員

前澤哲爾(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

8名

活動期間

2011年5 月~ 11 月



DSCN4065.JPG
地域の観光関連団体から要望が寄せられた具体的課題を解決するため、事業ごとにチームを作って活動する。今年度は、観光計画や調査などの報告書、多言語地図(メニュー)などのコミュニケーションツールを作成する。

担当教員

吉田 均(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

17 名

活動期間

2011年4月~ 2012 年3月

11006活動風景3・南アルプス市芦安地区小正月行事取材.JPG
インターネット新聞「やまなしエコジャーナル」を発刊し,山梨における環境やまちづくりに関して取材・記事執筆・情報発信の活動をおこなう。この活動によって,山梨の環境づくり活動を支援する。

担当教員

箕浦一哉(総合政策学科)

参加学生数

5名

活動期間

2011年5 月~ 2012 年2 月

活動エリア

山梨県内外の各地 

甲府駅前で防犯キャンペーン.JPG
大学キャラクター「やまちゃん」を各種地域活動と連動させ、大学に知名度を向上させると共に、地域の盛り上がりに寄与する。「全国ゆるキャラ祭り」への参加、「全国きゃんきゃら連盟」設立など、全国に情報発信できる戦略を立て、実践する。

担当教員

前澤哲爾(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

8名

活動期間

2011年5 月~ 2012 年2 月

IRIE CAFE.JPG
地域でフットパスコースを作成し、小冊子を製作、ツアーを実施する。地域の魅力発信、新しいツーリズムを開発する。

担当教員

前澤哲爾(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

8名

活動期間

2011年6月~ 2012 年3月


富士川町CM撮影1.JPG
山梨県内の地域情報を放送番組化し、放送すると共に、映像データベースとして保存する。

担当教員

前澤哲爾(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

8名

活動期間

2011年4 月~ 11 月

4.jpg
地域と共に国際的な問題を考える機会の提供、共有を行う。

担当教員

二宮浩輔(総合政策学科)

参加学生数

6名

活動期間

2011年6月~ 2012 年2 月

SL写真:張③.JPG
①県立大生と山梨在住外国人との国際交流の促進
②外国人の視点から見たやまなしの魅力と課題の把握

担当教員

張 兵(国際コミュニケーション学科)

参加学生数

10 名

活動期間

2011年6 月~ 12 月

5.png
本活動全体の目的は、地域振興に関わる機関紙の制作過程を通して、編集活動に関わる「総合的な力」を高めることにある。地域活動は、地域活性化事業等を実施している地域の活動家・実践家等へのインタビューを行うことによって地域活動の現場について学び、収集しえた情報を学生の視点で整理し記事化することによって、その情報を地域に還元し、地域貢献に寄与する。

担当教員

安達義通(総合政策学科)

参加学生数

5名

活動期間

2011年4 月~ 2012 年3月

4.png
甲府中心街の活性化、ひいては山梨県全体の活性化に資する。

担当教員

熊谷隆一(総合政策学科)

参加学生数

11 名

活動期間

2011年4 月~ 7 月


図5.jpg
振り込め詐欺やATMを利用する金融犯罪が山梨県内でも、高齢者や独居老人を中心に被害者となるケースが後を絶たない。県立大生が山梨県警と地域金融機関と連携して、地域のお年寄りへの防犯啓蒙活動に取り組むことにより、被害者減少を目指すプロジェクト「Guardian」として活動する。

担当教員

澁谷彰久(総合政策学科)

参加学生数

8名

活動期間

2011 年4月~ 2012 年1 月