課題対応型SLプログラム実施の流れ of 山梨県立大学サービスラーニング

文部科学省「大学教育・学生支援推進事業 大学教育推進プログラム」
サービスラーニング活動Website

HOME > 地域との連携 > 課題対応型SLプログラム実施の流れ

課題対応型SLプログラム実施の流れ

実施フロー

課題対応型SLプログラムは、まず、地域の問題を発見し、それに対して取り組むべき課題を設定します。この課題を踏まえて、SL活動プログラムを立案し、地域と学生との協働により実施します。

プログラム実施後は、学生、地域、教員がそれぞれの視点から活動内容やその成果について評価を行い、その結果を今後のSLプログラムづくりにフィードバックします。

実施フロー.jpg

地域との連携・協働のしくみ

本学では、SLプログラムを通して、地域との連携・協働により、地域の課題解決に向けて取り組んで参ります。

連携のしくみ.jpg